メインイメージ画像

フリーエンジニアとクラウドソーシングの求人について

決して否定するわけではありませんが、いい学校を出て一流の企業に就職するだけが人生に於ける成功への道ではありません。個人事業主として、企業と対等に接しながら生き抜くという術もあります。特定の技術を自在に駆使して個人で仕事を行っている人は、フリーエンジニアなどと呼ばれています。

フリーエンジニアは、誰にでもなれる普通のフリーランスとは比べものにならないような稼ぎとなります。フリーエンジニアは、サラリーマンではないので会社に拘束されるようなことはありません。自分のやりたい仕事だけを選び、自分の好きなように仕事をやることができます。

フリーエンジニアは自らが営業、契約あるいは税金処理などの仕事をこなすことになります。企業と雇用契約を交わすわけではないので、通常の求人情報を入手しても役に立ちません。プログラマーにしてもシステムエンジニアでも、まずは仕事をもらえるような場面を作ることが大切になります。

たいていのフリーエンジニアは、クラウドソーシングサイトを用いて仕事を受注しています。クラウドソーシングサイトというのは企業と企業、個人と個人、企業と個人を仲介する役目を担っています。大まかでは発注するものと受注するものに分かれて仕事の売買が行われています。

クラウドソーシングで公開されている求人募集とは雇用契約を結ぶためのものではないのです。仕事の案件に対しての求人募集となります。フリーエンジニアの職場は自宅が一般的です。特別ビルの一室を借りて事務所を構える必要はありません。発注先との交渉は、だいたいネットを通じて行われます。

発注者と受注者とが直接交渉するようなことでもあれば代金支払いのトラブルもありえますが、クラウドソーシングサイトを利用するのであればこれらのトラブルは回避できます。発注者と受注者の契約が円滑に進行するようクラウドソーシングサイトが間に入っているのです。

フリーエンジニアはなるまでが重要です。自分に自信が持てるほどのフリーエンジニアのケースでは、どんな仕事も自分の思い通りに進めることができます。自分の所持している高いスキルを武器に契約金額の交渉まですることができるのです。